全国の高速道路の便利な情報が満載のドラぷら!

ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ

トップ >> Q&A情報 >> ETC(二輪車でのご利用)

二輪車でのご利用

Q1. 二輪車もETCを利用できますか。
平成18年11月1日から、二輪車用車載器が市販化され、二輪車もETCのご利用が可能となりました。

   
送信
ぜひご意見をお聞かせください。

Q2. 二輪車に四輪車(軽自動車)でセットアップした車載器を取り付けて、ETCを利用してもよいですか。
四輪車用の車載器を二輪車に設置することは、防水性・防塵性・耐振動性の確保が不十分なため、誤作動を引き起こし通信エラーとなり開閉バーが開かないなどの危険性が高まりますので、安全にETCをご利用いただくため、二輪車専用車載器を取り付けていただく必要があります。

また、ETCのご利用につきましては、車両に設置する車載器に、ナンバープレート情報など、取り付ける車両の個体情報を登録(セットアップ)のうえ、無線通信処理を行うことを前提としてシステムやサービスを構築しております。

このため、たとえ課金車種の変更がない場合においても、車両(二輪車)と車載器(四輪車)の登録情報が異なることにより、ETCで行っている利用照会サービスやマイレージサービスへの登録等、各種サービスの一部がご利用いただけなくなります。 

なお、車載器メーカーが適合すると定めた二輪車用車載器の取り付けについては、ETCをご利用の際に定めております「ETCシステム利用規程」において規定しているところであり、ETCシステム利用規程違反が続く場合には、ETCの利用を制限したり、「高速道路営業規則」に基づき各種割引を行わないなどの措置を行う場合もありますので、正しいルールに従ってETCのご利用をお願いいたします。

   
送信
ぜひご意見をお聞かせください。

Q3. 料金所を通過する際に、ETCレーンの開閉バーが開かなかったらどうしたらいいですか。
【四輪車ETCの場合】
・入口の料金所でETCレーンの開閉バーが開かない場合は、通行券を発券しますのでお取りいただき、出口の料金所で「ETC/一般」または「一般」の表示があるレーンをご利用になり、通行券とETCカードを係員にお渡しください。
・通行料金をお支払いいただく料金所でETCレーンの開閉バーが開かない場合は、係員が車線に出向きご案内いたしますので、そのままお待ちください。なお、料金所事務室でお支払いの手続きをお願いすることがあります。
※開閉バーが開かなかった場合は、危険ですのでお車はバックさせないでください。(係員がご案内いたします)
※手続きに一定のお時間を要する場合がありますので、ご了承ください。

【二輪車ETCの場合】
・料金所でETCレーンの開閉バーが開かない場合は、後続車両による追突事故の防止など、二輪車ETCご利用のお客さまの安全を最優先する観点から、ETCレーン内で停車したりなどせず、ただちに開閉バーを避けてETCレーンから退避してください。
・退避したのが入口の料金所の場合、出口の料金所で「ETC/一般」又は「一般」の表示のあるレーンをご利用になり、係員に入口の料金所名とそこの料金所を緊急退避した旨をお申し出ください。
(出口の料金所までの間に、SA・PAなど駐停車が禁止されていない場所に停車できる場合は、安全を確認のうえ、あらかじめ車載器からETCカードを取り出し、該当する入口の料金所を管理する高速道路株式会社に連絡してください。)

退避したのが通行料金をお支払いいただく料金所の場合、駐停車が禁止されていない場所に停車して、安全を確認のうえ、遅滞なくETCレーンから退避した料金所を管理する高速道路株式会社に連絡してください。


関連URL:
関連情報:
   
送信
ぜひご意見をお聞かせください。

ページの先頭へ